『tomotomo おちゃめジャーナル』

tomotomo は永遠のおしゃれ少女に贈るモードでおちゃめなアクセサリーブランド。デザイナーが気になったおちゃめな出来事を綴っています。

世界観を感じながら

Bonjour!

先週の内視鏡検査も異常なしで無事に終え、
また毎日美味しく食べられるしあわせを感じています。

先週、素敵な場所でランチをいただいた。
表参道駅ちかくのみゆき通り、PRADAのはす向かいにのある「INTERSECT BY LEXUS」へ。
10年以上も前、文化服装II部で学びながら働いていた某アパレルメーカーでとてもお世話になった方が、お食事に誘ってくださったのだ。


ここはトヨタの高級車「Lexus」のブランド世界観を体感できる場所。
車にあまり詳しくない私にはあまりピンとは来なかったけど、行ってみると、まず目に飛び込んでくるモダンでおしゃれなエクステリアににテンションが上がった。
中にはカフェやビストロなどのフードコーナー、
車の展示や講演会なども催されるガレージスペース、Lexusのものつくりの精神に賛同した若きクラフトマンたちの商品を販売するショップがある。
高い天井、ゆったりと配置されたビストロの客席、ガラス張りの外壁とウッド調の格子壁が作り出す光の模様が、空間を豊かに包み込む。
また、ビストロで使われる食器類も小物も、洗練されたカジュアルなものがセレクトされている。
全体を通して、都会の肩肘張らない上質なライフスタイルが表現されている。
何かに踊らされるのではなく、ちゃんと考えて選びとる。贅沢とは違い、心地よい良質のライフスタイル。そんな印象だ。
車だけでないライフスタイルそのものを発信することで、イメージアップと世界観を明確に伝えようとする試み。
これが自分に置き換えると…まだ噛み砕けないけど、勉強になる。

こんな素敵な環境の中、体にもやさしいビストロランチをいただいた。
アパレル業界の第一線で活躍する方の話はとても興味深い。ここ数年で、人々の買い物の仕方は相当変わった。高品質&低価格のもの、トップトレンドを手頃な価格で買うことも当たり前。あらゆる物が溢れていて、世界は同質化してきていて。
欲しいものの情報はスマホで探せる。
そんな中、どうやって売っていくの??
お話ししながら、ふと気がつくとおかずをほとんど食べきっていた。話に集中しすぎた…涙

あの人にも、この人にも好かれようとすると、
だんだん自分がわからなくなったりする。
誰に向かって話しかけるのか、どんな人と仲良くなりたいのか。わたし自身が世界観になること。そういうこと、腹をくくってやっていかなくちゃと、改めて思った。

20160514112851406.jpeg
「INTERSECT BY LEXUS」。こんな素敵な佇まい。

2016051411283604b.jpeg
2階のビストロでいただいたランチ。メインはお魚をセレクト。
ナッツを使ったソースが香ばしくて美味しい。たっぷり野菜や雑穀米も嬉しい。
トレーや食器は洗練されていて心地良い。

20160514112941cde.jpeg
デザートにいただいたイチゴとドラゴンフフルーツのスムージー。
とっても濃厚で美味しい。
















































スポンサーサイト
  1. 2016/05/17(火) 12:39:22|
  2. Food
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雨の日の力技 | ホーム | tomotomo 夏のイベントのご案内>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomo2bonjour.blog104.fc2.com/tb.php/177-92e83867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Tomomi

Author:Tomomi
tomotomoデザイナー。
少しづつ続けてきたアクセサリーの創作活動。
2015年の夏、一念発起して本格的にブランドとしてスタートさせました。
手探りの毎日だけど、自分らしく歩んでます。
HPはhttp://www.tomotomo.pink

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Like it (96)
News (53)
Work (55)
Fashion (36)
Art (8)
Food (49)
Handmade (5)
Travel (8)
Wardrobe (4)
Cinema (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード